忍者ブログ
WCCF-FBC管理人の"まったり"日記です♪
1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リーガの試合ならこけろ、、、と思うところですけどCLとなればまた話は別。

モウ監督が先のリーガの試合後余計な発言をしたのでクラブ内にごたごたを生じたのではないかと少し騒がれていますし今季の戦績も確かにかんばしくありませんけど、マンチェスターCとの絶対値で比較するとマドリーの方が圧倒的を有しているわけでここは負けるわけにはいきません。リーガ王者としてはさくっとプレミア(どちらも昨シーズン王者だけど)を王者を倒しその威厳を保ってほしいなーと思います。

え?バルサ、、、?
今日は書く事ないや、、、

拍手[8回]

PR
「26歳が見たニッポン」 サッカー日本代表MF 本田圭佑(26=CSKAモスクワ)

----------
海外に出たら、日本は本当にいい国だとあらためて思う。モノのクオリティー、サービス業、すべてにおいてディテールにこだわっている。ここが何につけてもアバウトな外国とは違う。これはオレの価値観が日本人寄りだから、という理由ではないと思う。外国人だって日本のサービスを受けたら絶対にいい思いをするはず。その点で、日本は世界トップだと認識している。外国に出てから、日本の良さを感じるようになった。

それと同時に思うのは「これを築いたのは誰なんだ?」ということ。
オレたちではない。こんな裕福な今日(こんにち)の日本があるのは、先代の人たちの頑張りのおかげだと思っている。オレたちは、彼らが頑張って汗水たらして残していってくれたもののおかげで生活できていると思う。

それが今、いろんな面でまさしく危機を迎えている。オレが言うまでもなく、いろんな人が「日本はそのうち破綻する」と言うのが聞こえてくる。「なんでそうなったのか?」ということを考えないと。今のオレたちは何も築いていない。先人の財産を使ってきただけ。感謝して、今からもう一度、頑張らないといけないんじゃないか。それなのに浪費した揚げ句、責任のなすり合いが、どの場面どの分野でも繰り広げられているように見える。海外から見ると、より一層、強くそう感じる。

なんでここまで言うのか?オレは愛国心というのか、そういう気持ちが強い。例えば、いい悪いは別にして、この間のオリンピックの竹島の問題がある。韓国の選手が試合後にボードを持った。いい悪いは別として客観的に見たら、彼は韓国を愛しているんだな、と思った。オレは日本を愛している。もしかしたら同じ状況になれば、同じように行動したかもしれない。それはその場になってみないとわからないことだけど。勝ち負けという観点からすると、韓国人が韓国を愛する気持ちに、日本人は負けているんじゃないか。これは政治的な問題ではない。単に自分の国を愛しているのか?という気持ちをくらべると、日本は韓国より劣ってるんじゃないか、という気持ちにさせられた。

政治といえば、日本に帰った時、国会中継をよく見る。見ていると、話がまったく進まない。「まぁ~、進まない」という感じで「一体誰が進めるの?」そう思って見ていた。リーダーがいない。そろそろオレたちの世代が、本物が評価される時代をちゃんと作り出すべきだと思う。本物の定義・哲学を若い人たちがそれぞれ持っていないといけないと思う。本物を選ぶその物差しを、ちゃんと形成していかなければいけないんじゃないか。

オレがいう本物とは政治家のことであったりする。彼らは税金から給料を得ているわけだし、本物であるべきだと思う。

日本でのヒーローはアイドルやバラエティー番組のタレントという形になっているけど、そういうアイドル文化は日本、厳密にいうとアジア圏内くらい。オレがいいたいのは、日本では日本の政治家こそがスターであるべきだってこと。別にアイドルやタレントを悪くいうつもりはない。彼、彼女たちは、それぞれの立場で一生懸命頑張っている。最大の問題は支持する側にあると思う。イベントなどでワイワイ、キャーキャーと楽しむのは構わないけど、そうやって楽しい空気を亨受できる平和というものをはき違えてはいけない。

今のこの状態は「平和」というより「平和ぼけ」なんじゃないか、と思う。オレの価値観では、平和というものは自分たちの手でつかみ取るもの。本物とは何かということに対してもっと真剣に考え、議論する必要があるんじゃないか。

本物について、海外でこんな経験をした。海外では1度応援し始めた人を、最後までしっかり応援する文化がある。サッカーでも同じ。いい時はまつりあげて、少しでもだめになったら捨てるように扱うのは日本だけ。オランダで、あるチームに実績十分のベテラン選手がいた。ただ、その選手は開幕からしばらくパフォーマンスが物足りなかった。日本だったら「あの選手は終わった」と言われたりする。でもオランダの監督やコーチたちの声は違った。その時、聞こえてきたのは「いい選手であることに疑いははない」という言葉。すごく冷静な分析だったと思う。マスコミも「技術のある選手が明日(技術が)なくなることはない」と伝えていた。サッカーの本質を突いていると思った。マスコミも、監督や選手も「あの選手がどれだけ貢献してきたか忘れたのか?」という論調。これこそ、本物だと思った。

日本は芸能人であったり影響力のある人でも 、政治家でなければ、政治のことをしゃべるとたたかれる。「なんで?」と思う。オレが政治についてしゃべったら「本田、スポーツ選手のくせに政治を語るな」 と、たたかれるはず。多分、世の中の大多数がそう思うはず。でも、そうではないんじゃないか。オレも日本国民。政治のことを語る資格があるはず。日本をこうしたい、と思うことをしゃべる。それが真剣な発言だったら、足を引っ張るんじゃなく、議論する環境をみんなで前を向いて作っていくべきなんじゃないか。

今は、何でもネガティブにとらえ、悪いところをクローズアップしてしまう。これは日本の悪いところだと思う。もっと素直にならないといけないし、もっと謙虚にならないといけないと思う。

もちろんオレはサッカー選手。サッカー選手としてピッチの上で結果を出す、それが今の自分に求められていること。そこはもう最低条件だと感じている。結果を出さないと意味がない世界で生きている。何を言おうと、オレが試合に勝たないと、オレが点を取らないと、オレがゴールに絡まないと、はっきり言って説得力はなくなる。 ただ、オレはまったく結果が出ていない時から、まわりにこう思う、と言い続けてきた。中学の時から「W杯で優勝する」と言っていた。その姿勢を変えたことは1度もない。今後もし結果が出なくても、W杯にケガをして出られなくても、オレは言 い続ける。これがオレだから。「何を本田、エラそうに」と批判されても、構わない。そうやって生きてきた。それが本質だと思っている。誰にでも意見を言う権利があるということを、伝えておきたい。 「サッカー選手で、日本代表の本田だから言える」のではない。オレたちの世代も、みんなどんどん意見を言ってほしい。そして、みんなが聞く耳を持ってほしい。オレは今、そう言いたい。



これが本田選手が日刊スポーツに掲載された全文。
ここから朝鮮人たちにより都合のいい抜粋(=捏造工作)が行われ少し話題に、、、

まー、そうじゃないのでは?と感じる部分もあるわけ(竹島の件、愛国心の強さに対しての勝ち負け)ですが、その他の部分に関しては概ね理解できます、、、というか「いいこと言ってるやん!!」という感じ。きっと彼自身、海外に移籍して日本とは違う刑事・経済・文化に触れ逆に日本の良いとこ、悪いとこが見えているんだと思います。それにしても彼はブレないな、、、ここらへんは本当に凄いと思います。

拍手[21回]

----------
11日にブラジル・ワールドカップ南米予選のペルー戦に臨むアルゼンチン代表が、試合前日にリマ入りを果たした。バルセロナFWリオネル・メッシは、ペルー国民からレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドの名をコールされる挑発行為を受けた。


アルゼンチンメディアによれば、ペルー国民は“クリスティアーノコール”を何度も繰り返して、空港に到着したバルセロナFWを出迎えたという。もちろん、素直に世界最高峰の選手を称賛する声も上がっていたようだ。

そ の背景にあるのは、ペルーメディアの存在だ。多くのメディアが試合を盛り上げることに躍起となり、“クリスティアーノコール”を煽る報道を仕掛けている。 新聞には、「プルガ(メッシの愛称、蚤の意)を踏みつぶせ」「敵(メッシ)がホームに来る!」などの見出しが躍る有様だ。

----------

ワールドカップ予選ともなるとこれくらい対戦相手とすればあれこれと足を引っ張ろうとするもので、これはもうしょうがないでしょう、、、。まー(絶対にないですが)私がメッシなら言いますよ、、、

「僕は今、悲しくないよ、、、♪」

拍手[4回]

今週末はリーガないからつまんない、、、汗!!。

まー色々書こうと思えばあれこれ書けたりもしますけど今日はタイピングする気にならん、、、困!!。
って考えるとつくづく気分屋だなーと実感します。

ということで今日は寝る。
おやすみなさい、、、zzz

拍手[3回]

時事ネタ、、、。
Yahoo!のトップに「日の丸購入の町民に費用補助」というのがありました。

まーここ最近は日章旗、旭日旗でいろいろよその国からいちゃもんつけられ先のU-20女子ワールドカップでも旭日旗持ち込みはOKだけど結局掲げることは禁止、、、みたいな悪しき事例を作ってしまったり、、、とストーカー行為にうんざり気味なんですが、、、呆!!。

さて、費用補助の予算案を組もうとしているのは石川県中能登町。
この制度で、国旗購入時の領収書などを提出した町民に、町内で使える1000円分の商品券を交付。
町は世帯数の半数弱に当たる3000世帯分を想定しているそうです。

んー約半数を想定しているというところは結構凄いと思います。
これを東京都とかで考えるときっととんでもない予算計上しなくちゃいけないんだろうなーとか思ったりするんでしょうけど石原都知事が中能登町のこの予算案の事知ったら「いいねー!!うちもやるか、、、♪」とか普通に言いそう。あ!大阪府で予算案掲げようもんなら、、、怖!!。

「脱線した、、、汗!!」
このニュースには続きがありましてジャーナリストの池添徳明さんは「国旗に対し多様な意見がある中で公金を使うのは疑問。無言の圧力につながらないか懸念する」と疑問を呈しています。

「へ、、、?!!」
何の圧力になるんだろ?
別に掲げる掲げないで踏み絵にするようなことは日本人ならしないと思うんですけどね(よその国・国民は知らんよ)。そもそも多様な意見という事は全ての"事案"に対しあると思うんです。日本全国の自治体で色んな補助金施策がああります。皆さんの住んでいる自治体でも何かしらの施策があります。なのに、ここだけ"疑問"って考える方が逆に意識しすぎだろーと、、、そう個人的には思いますね、、、。

◎余談、、、
うちの地元で補助金(助成金)制度を調べてみたらありました。
再生可能エネルギー利用設備設置費補助金=太陽光発電システム補助金


というか、ごちゃごちゃ言うならいっそ日本全国の役所、あと国会議事堂や皇居の一角で無料配布にでも、、、と。
ご自由にお取りくださいは、燃やしたり、破いたりしたい人が大量に持ち帰るでしょうから難しいと思いますけど身分証明提示とかにすれば大丈夫かなーと思ったり。

と書いたらきっと無駄な金使うなっていう人が出てくると思うんですけど、、、

「ストーカーしてくる訳わからん国にべらぼうな額の公金使うよりはマシ」
無駄遣いはあきまへん、、、!!。使う国を間違っちゃいけまへん、、、!!。

おまけ、、、
早く日本人でこういうことしてくれる選手出てきてくれることを切に願います、、、


D.ルイス「はょはょ、、、」
トーレス「んーしょこらしょ、、、落ちるぅー!!」


二人「イエーぃ!!♪☆」

掲げるだけじゃありません、
こういう国旗の使い方もあります、、、♪

拍手[4回]



今日の日記に貼ったプロフ用画像
あちらにはデカイ画像貼ってます)
----------
◎モウ監督の発言(電話の会話)

「君は、ここで重要な選手なんだ。それは絶対だ。そこに疑いを持ってはいけない。明確に意識してほしい。君は非常に評価されているし、愛されている。我々の愛情を持っているんだ。君が必要とすることを、全面的にサポートする」

「戻ってきたときに、もう一度よく話し合おう。我々は、君のことを聴き入れ、助けるためにここにいる。しっかり回復して、次の試合に臨んでくれ」


「ふぅー」
やっとこさ出たと思ったら電話の会話ですか?普通、こういう会話ってあまり出ないものなんですけど何故か出ちゃう。いや意図的に出しているんでしょう。

この電話の会話がメディアに出た後、ペレス会長さんも退団を望んでいない、クラブは事情を分かっているとコメント。
もう何だかなー裏で絵をかいている人がいるんだろうなーと。こりゃモウ監督の直近の契約更新した時と一緒だな、、、。

あとアレだ!!
FIFA移籍規約第17条!!。これちらつかされたなら凄くクラブとしては嫌だろうなーと。

という事でロナウドネタはこれで終わり、、、汗!!
とにかくロナウドは頑張れー!!。(バルサ戦以外で)ゴラッソ決めまくれー!!☆

----------
◎ファルカオの父ちゃん(母国ラジオ発)

「息子の夢は、マドリーでプレーすることだ。幼い頃から、ずっとね。しかし、チェルシーやシティが興味を抱いていることは、理解している」

「彼の現在の目標は、マドリーに移籍することだ。それが無理だった場合、プレミアリーグでプレーすることになる。交渉は、クラブ次第となるだろうがね」


「ファルカオさん、、、おつ!!」

正直驚きました!!だってこの時期ですよ??!!
2012-13シーズンが始まってすぐ!!シーズンインして物凄く調子がよくゴールも量産しておりアトレティコのサポからも絶大な人気を博している今、母国(コロンビア)のラジオとは言えこういう事を公に発言するんでしょう、、、呆!!。というか親子喧嘩でもしていない限りこんな発言普通はしないですょ、、、汗!!。うぅーファルカオさんは火消しにあたふたしているようですが本当に可哀そうだ。マドリードの街歩けなくなるやん!!


、、、ん?あれ?!!

「あぁー!!!!!!!」
思い出した!!この2選手(&モウ監督も含めてですけど)代理人が一緒!!。メンデス氏やん!!。マドリードの2クラブで一儲けでもしようと思っているんだろうか??!!。

おまけ、、、
日本代表勝った。
けどキリンチャレンジカップ、、、汗!!。本番(W杯予選)も頼むぞぉー!!

拍手[4回]

んー(言っている内容は理解出来るけど)、やはり合点がいきません。

http://www.facebook.com/Cristiano

That I am feeling sad and have expressed this sadness has created a huge stir. I am accused of wanting more money, but one day it will be shown that this is not the case. At this point, I just want to guarantee to the Real Madrid fans that my motivation, dedication, commitment and desire to win all competitions will not be affected. I have too much respect for myself and for Real Madrid to ever give less to the club than all I am capable of. Abrazos to all madridistas

お金(契約問題)とは関係ない
マドリディスタの事も関係ない(なさそう)

じゃあ、何故三者会談後、サンチェス氏は代理人メンデスに対し移籍話有無の確認をしたんだろうということに、、、汗!!。

むぅーだんだん面倒くさくなってきた。
というかマドリーネタでここまで書かなくてもいいと今さらながら気付きました、、、汗!!。

それにしても彼の発言って影響力あります。

この発言後マドリーの多くの同僚(イグアイン、アルベロア、Xアロンソ)、アルベルダ(過去に遺恨あり)、Rカルロス(マドリーOB)、レシャック(バルサ関係者)がコメントを求められ、挙句の果てにはメッシ&イニエスタまで飛び火!!。一体この二人に聞く必要があるのかどうかさえ少し疑問に感じたりもしますけど、これもスターたる所以でしょうか、、、。

というかモウ監督に何故聞かないんでしょ?
あのお方に聞けば楽しいコメントとれると思うのに、、、

「スペシャルワン、、、」


というか、、、


「キタぁー!!!!!!!!!!!!」
アビダルさんがCL登録メンバー入り!!!!!!!
待ってますよー大耳掲げる姿を、、、

拍手[5回]

リーガ第3節のバルサは難敵バレンシアに勝利。そしてライバルであるマドリーも同様に勝利(こちらは3-0で圧勝、、、汗!!)

えっと実は月曜朝、このあたりの事を書こうと思っていました(実際書いていました)がロナウドの身辺が急転直下でバタバタし始めたので何となくストップした次第、、、。それにしても本当にいきなりだったので驚きました。

んー、時系列でいうとどうなるんだろ?
あ!先に書いておきます。最終的には契約問題って事で書きますのでその点はご注意を。もちろん本人がことの真意を発言していない以上、推測の域を出ません、、、。

==========

◎9月1日(三者会談)
「レアル・マドリーで自分は愛されていない」



◎9月2日(グラナダ戦後)
「仕事のことで悲しみを感じている。だからゴールを祝わなかった。クラブは事情を分かっている。僕が幸せではないことをね。ここの人々は、なぜかを知っているんだ」

「イニエスタのことを持ち出す必要はない。これ以上、このテーマについては話さない。現在はポルトガル代表のことだけに集中したい。この感情よりも重要なことがある」

「もうこれ以上は話さない。クラブの人間はなぜかを知っている」

「誰でもない。クラブ内部の人間は理由を知っている。彼らは分かっているんだ。これ以上言うことはない」

の順番ですね。試合後の発言が先に出てきたので全くのデマかとも思いましたが、三者会談でペレス会長、サンチェスEDの前で"愛されていない"といったのは間違いなさそう。これがバルサ寄りのメディア発信なら「飛ばしかぃ!!」って事で収まるんですが、マルカ発ですし、ASも続いてますから、、、汗!!

==========

って事は、、、
「愛されていないと感じるのはどこなんだろう?」

メディアが伝え報じるところによると、考えられる要因は3つあると言われています。
(1)チームメイトとの関係不和。
(2)マドリディスタ(リーガ)との関係。
(3)新契約問題

(1)に関してはマルセロ、コエントランあたりとの関係をはじめ、挙句の果てにはほぼ全ての選手に見放されているためとまで書かれる始末。で、この類の報道をどこかで見たんでしょう、今夏モウ監督から戦祝外通告ともとれる言葉を受けたカカが擁護発言。

「クリスティアーノには、彼がチームの全員に支えられていることを伝えたい。僕たちは彼を必要としているし、幸せを感じてもらわなければならない。彼はチームの全員から支持されている」

でもこういう擁護発言をみると逆に何かあるんだろうなーと思ってしまうのが捻くれた大人の考え、、、邪推が働いてしまいます(というかカカ、、、自分に言い聞かせているのか?とも思ったり)。でもなー先に挙げた二人ってポルトガル語圏の選手(コエントランはPOR代表メンバー)ですし。というかコエントランで代表で一緒ですもん、、、汗!!

「んーわからん、、、汗!!」

って事で次の(2)を、、、。
クラシコ&ダービーじゃないと現地のマドリディスタは盛り上がらない。あと批判が厳しすぎる、他チームのサポは酷い等々、、、

「これはないな、、、汗!!」
もちろん批判やリーグの雰囲気が「?」と感じる事はあるでしょう。
ですけどこういうのって全ての選手に多かれ少なかれ当てはまるわけで、今の時期に爆発するような事でもないと思うんですよ。ま、彼がデリケートな選手だという事なら話は違ってきますけどそうでもないでしょうし、、、。

そして最後に(3)、、、。
これが一番可能性が高いと言われていますが個人的にもこれの可能性が高いと思います。

a.三者会談が行われた理由
b.モウ監督の静観
c.ここまでの経緯

まず、そもそも三者面談でペレス会長、サンチェスED(エグゼブティブ・マネージャー)となぜ席を設けたのかということが非常に気になるところ。

ペレス会長が会談に入ってくるという事はまだ理解出来ます。が、実質マドリーNo2のサンチェス氏も同席したということは非常に興味深いところ。先に挙げた同僚との確執やサポとの関係という話ならサンチェス氏が出るまでもない話。それこそモウチベーションを上げる能力に長けたモウ監督に直訴そればいい事でしょう。でも監督じゃないということは普通に考えると同僚とかサポの話で席を設けたとは考えられません。ということで消去法で考えると契約関係かなーと(大雑把過ぎるかな、、、汗?!!)。あと、この会談の後、サンチェス氏が、代理人メンデス氏に連絡をとり他のクラブから誘いがあったかどうか確認した、、、という事実も気になるところです。

えーっと次のモウ監督の静観ですけど、先にも少し書きましたがこの話題に一切コメントしていないのが気になります(皆さん気になりません?)。選手の壁になり外敵から守るというスタンスで選手を掌握してきた彼なら少なくともマドリディスタとの関係をどうにかするというのはお得意でしょう。また同僚との関係も然りです。でもしない、、、

「何故??」
ロナウドの件に関して違う"理由"が存在するからだとやはり個人的には思います。あと追記しておくと代理人が一緒なので首を突っ込む事が出来ないという事があるかもしれません。デリケートな部分なら最悪の場合、自分の身も危なくなりますし。そうそうここ最近の彼の発言は珍しく自己保身に走っている感じが多々あります。カカとの関係もそうですが色々あるんだろうなーと勝手に思ったり、、、何となくですけどね、、、

そして、最後のここまでの経緯。

ここ直近でフロントと選手側の間で残っているテーマは『契約改善』だということ。
ロナウドと代理人メンデス氏は今年1月から数回にわたり契約改善要求=年俸アップ要求を繰り返してきました。その理由はざくっと書くとこんな感じ、、、

c-1.オイルマネーで潤沢なクラブからの勧誘
c-2.クラブへの貢献度(得点)
c-3.世界最高額を手にしたい

まー彼ほどの選手になると当然でしょう。
類まれな能力と世界の三本にはいるであろう知名度があれば勧誘も多いでしょうし、代理人もやり手(強欲とも言えますが)なら別に自然な要求かなーとも思います(でもこれがバルサの選手ならキレますけど、、、汗!!)

でも、、、
フロントは二の足を踏んでいる状態で保留。ちなみに要求額は現行は1250万ユーロ(約12億円)で希望は1600万ユーロ(約16億円)と言われています。

「どっひゃー!!!!!!」

で、更に話をややこしくしているのが、これが手取り額、、、凄!!。

現行契約は2009/7/1にサインされたものなので外国人の高額所得者優遇措置(俗称:ベッカム法)の恩恵を受け約24%の所得税額分でクラブは出費を抑えされています。ですが、この優遇措置は2010年に廃止されいて、新たな契約を結ぶとなると現行税率の約43%にまで上がります(※この43%という数字は古いかも。スペインは昨今の財政状況悪化で所得税率を更に54%まで上げるという記事を見たような。カタルーニャは56%だったかな?忘れた、、、!!)。新契約を現状維持ベース(1250万ユーロ)で考えてもクラブの負担額は500万ユーロ以上になるわけで、これを手取り要求額1600万ユーロまで上げてしまうとなると現状より軽く1000万ユーロは負担せざるを得ない、、、って状況。

こうなると、もういかにマドリーとも言えど簡単にご返事出来ません(カカがオイルマネーのクラブに売却できたなら話はまた違ったかもしれませんが交渉に名乗りを上げたのはご存じレンタル希望のミラン、、、汗!!)。おまけにスペイン自体があの財務状況です。マドリーがロナウドを獲得する際に借入を行った貯蓄銀行=カハ・マドリー銀行も今はバンカハ銀行と合併しバンキア銀行に。そして今はその銀行も一部国有化っていう凄いことになっている始末。

「ロナウドぉ、、、!!」
ということでもし彼の悩みがお金の話なら正直なとこ、スッキリ出来るという事は難しいかも、、、と思ったり。

おまけ、、、
こう書き綴りましたが、個人的には笑顔のロナウドに戻ってほしいと思います。
ピッチでプレーする以上、マドリディスタには躍動する姿見せて欲しいですしゴールも決めて欲しいですから。
でも、、、バルサの上位になるのは嫌。ほどほどにって条件ですけどね、、、♪☆

拍手[8回]

UEFAスーパーカップ、、、

チェルシー 1-4 アトレティコ

プレミアリーグでウィガン(0-2)、ニューカッスル(2-0)、レディング(4-2)と幸先よく連勝を重ねてこの試合に臨んだチェルシー。そして現実を見せられた結果になりました。これが現在の立ち位置、、、

えっとこう書くとまーたリーガ厨がプレミアクラブを叩きたいんだなーと思われるかもしれませんがそうじゃりません。確かにあちこちでリーガ2強(バルサ&マドリー)と揶揄されている現在、アトレティコがファルカオのトリプレレッタを含む4点で快勝した事に対して純粋に嬉しくもあります。ですけどだからといってチェルシーを卑下するつもりは全くないんですよね、、、。

この試合、正直ここまで内容と結果差がつくとは思いませんでしたが、だからといって個人的にはプレミアでの好調が=(イコール)この試合の優越を決するとは思いませんでした。それはやはりチェルシーが成長過程、、、それも本当にスタートをきった段階だからです(&ファルカオが良すぎた!!!)。

昨季までのチェルシーといえばモウ監督の遺産(負債と言い換えてもいのかな?少なくともここ数シーズンのチェルシーにとってはそうだったと思います)を長々と継承してきました。人柱をゴール前に並べ壁を築き(ディフェンス)、フィジカルに長けた選手を前線に配してそこにめがけて放り込む(オフェンス)。まーこれが適切な表現かどうかは分かりませんが、良くも悪くも古き良きイングランド的なサッカー観でプレーしていたのは事実であり、それがこのクラブの根幹となしていました。そして結果も、、、

ですが今季生まれ変わろうと路線変更を推進、、、
CL制覇というクラブにとって良くも悪くも念願の"悲願"を達成した今、思い切っての路線変更はフィジカル重視のドログバ(契約満了)、エッシェン(レンタル)という2大モンスターと袂を分けたことを見ても容易に察する事が出来ます。

『この改革(路線変更)が成功するのか?』
正直なところ分かりません。ちなみにリーガでは欧州最高峰のクラブでありリーガの雄でもあるマドリーでさえも結局のところ実現できていないという有様。まーモウ監督が指揮をとっている以上、カペッロの上位互換か下位互換化は分かりませんけどあの延長線にならざるを得ないでしょう。マドリーにとって"美しく勝つ"というクラブのフィロソフィーは完全に死語になっています、、、。今は、、、んー"勝てば官軍"って感じ??

個人的には本当に期待しています、、、!!
単にフィジカル・アスリート能力に長けた選手を並べるのではなく(もちろんここも重要なんですが)テクニックと創造性に長けた頭のよい選手を前線-最後尾まで配し攻撃を組み立て相手のゴールを陥れる。そういうチェルシーを本当に見たいと思ってます。

、、、昨季もマタというチェルシーにとっても異質な存在がいました。が彼曰く「ボールが頭の上を飛んでいくんだ、、、(インタビュー談)」と少しばかし嘆いていましたが今季はそういうこともないでしょう。アザール、オスカール、マリンというシンクロ出来る選手もいます。またチェルシーというクラブのシンボル(テリー&ランパード)も健在であり、この二人がうまく黒子に徹すれば少なくともチーム内にトラブル起きることはないでしょう、、、。あと名手であるチェフも最後尾に控えていますしね、、、♪

「我慢できるか?」
つまりはそこにかかってくると思います。
昨シーズンもAVBを招聘し路線変更の一端を垣間見ることが出来ましたが安定しない結果に伴い頓挫した経緯があります。ですが今季は攻撃を組み立てるメンバーを一新!!後戻りは出来ない今、チーム一丸となってボールを繋ぎ相手のゴールを陥れて欲しいと思います、、、!!。

『頑張れ!!ブルーズ!!』

拍手[5回]

UEFA欧州最優秀選手(11-12)、、、



「うーんいい響き♪」

EUROで活躍しMVPを獲得した実績が多分評価されたんだと思いますけどイニエスタがメガクラック2人を抑えて受賞。メッシ&ロナウドは昨シーズンこれでもかーというほど得点をバカスカ決めていたわけで前者はピチチにCL得点王にゴルデンシューを、後者は得点王はありませんでしたがリーガ優勝に多大な貢献を。

そう考えると今回のイニエスタの受賞はEUROの記憶がまだ冷めやらぬ、、、という感じだったんでしょう。
いやーそれにしても嬉しぃ。ファンハールによりトップ昇格し、ライカー時代には1シーズン通して控え(サブ)⇒途中出場したりもしていた選手がバルサで変えの利かない選手に。チェルシーを沈めたゴラッソも懐かしぃ、、、。また代表でも順調に主力へ成長。ワールドカップ決勝では美麗なゴラッソを決め、そして記憶にも新しいEUROでの活躍⇒結婚♪

本当によくここまで脱線せずに成長してくれたもんです、、、。

そしてイニエスタ

あかん!イニエスタ話になると止まらん、、、!!
でも、ここの日記を見てくれている方は私がイニエスタ好きなのはきっと(、、、多分?)ご存知だと思うので、、、笑♪
そういえば昔々、ばらくーだ君&ガルル大将と愛知県の某ゲームセンターに行ったとき、トレードコーナーの紙に、、、出)KLEペレ、求)白イニエスタって書いた事あったっけ、、、。んー懐かしぃ、、、。
二人とも今も元気にしているのかな?

さて、もう移籍市場はクローズ?
明日になればサッカーサイト等で移籍一覧等が出てくると思いますけど、今現時点でもマイコン、ベルバトフ、Vデルファールトといったビックネームの移籍が確定しています。デルピエロに関してはお兄さんだったかな?がシドニーFCへの移籍はまだ確定していない、、、と言っていたのでまだなんでしょうけどフリーでいることはないと思うのでそのまま移籍でしょう。って考えると「何故シドニーやねん?」って思ったり、、、。

アメリカ(MLS)ならまだ分かるんですよ。欧州で活躍した往年の名選手が今も頑張っているので、、、。で、そこ(米)はサラリーキャップ制限の問題で移籍ならず。ここまでも理解できます。ですけど、ここからシオン(スイス)への移籍話があったわけでここには盟友ガットゥーゾもいます。じゃあ、何故にそこを無しにしてシドニー、、、むぅーマジで分からんぞ。

てか日本のクラブは駄目だったんだろうか?年俸高そうだもんな、、、汗!!。



追記、、、
またちょこっと病院のお世話になります。

拍手[5回]

Dragonが運営しているWCCFサイト
「FOOTBALL CHAMP」
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール…
HN:Dragon
性別:男性
職業:サイト管理人
趣味:WCCF&サッカー観戦
自己紹介:WCCF & Barcelonaを愛するサッカー好きな♂です♪

管理人のBOOKMARK
Barca FCバルセロナ
Barca BlauGrana
Barca Leo Messi-BLOG
Barca Puyol-HP
Barca Iniesta-HP
WCCF WCCF IC09-10
WCCF 渋谷系猫風呂具
GAME 電撃ACG
GAME GAME JAPAN
GAME ARCADIA
雑誌 WS DIGEST
雑誌 WS KING
情報 Goal.com
情報 Sports Navi
情報 livedoor Sports
情報 FootballWeekly
新聞 日刊スポーツ
新聞 サンケイスポーツ
新聞 デイリースポーツ
新聞 スポニチ
新聞 SPORT.es
新聞 MundoDeportivo.es
新聞 MARCA.com
コラム Number web
コラム World Soccer Plus
コラム 金子達仁
コラム 西部謙司
コラム 戸塚啓
コラム 山内雄司
コラム セルジオ越後
コラム 原博実
コラム 川淵三郎
Blog 小澤一郎
Blog 岩本義弘
携帯端末へURLを送る

Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]