忍者ブログ
WCCF-FBC管理人の"まったり"日記です♪
1 2 3 4 5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「26歳が見たニッポン」 サッカー日本代表MF 本田圭佑(26=CSKAモスクワ)

----------
海外に出たら、日本は本当にいい国だとあらためて思う。モノのクオリティー、サービス業、すべてにおいてディテールにこだわっている。ここが何につけてもアバウトな外国とは違う。これはオレの価値観が日本人寄りだから、という理由ではないと思う。外国人だって日本のサービスを受けたら絶対にいい思いをするはず。その点で、日本は世界トップだと認識している。外国に出てから、日本の良さを感じるようになった。

それと同時に思うのは「これを築いたのは誰なんだ?」ということ。
オレたちではない。こんな裕福な今日(こんにち)の日本があるのは、先代の人たちの頑張りのおかげだと思っている。オレたちは、彼らが頑張って汗水たらして残していってくれたもののおかげで生活できていると思う。

それが今、いろんな面でまさしく危機を迎えている。オレが言うまでもなく、いろんな人が「日本はそのうち破綻する」と言うのが聞こえてくる。「なんでそうなったのか?」ということを考えないと。今のオレたちは何も築いていない。先人の財産を使ってきただけ。感謝して、今からもう一度、頑張らないといけないんじゃないか。それなのに浪費した揚げ句、責任のなすり合いが、どの場面どの分野でも繰り広げられているように見える。海外から見ると、より一層、強くそう感じる。

なんでここまで言うのか?オレは愛国心というのか、そういう気持ちが強い。例えば、いい悪いは別にして、この間のオリンピックの竹島の問題がある。韓国の選手が試合後にボードを持った。いい悪いは別として客観的に見たら、彼は韓国を愛しているんだな、と思った。オレは日本を愛している。もしかしたら同じ状況になれば、同じように行動したかもしれない。それはその場になってみないとわからないことだけど。勝ち負けという観点からすると、韓国人が韓国を愛する気持ちに、日本人は負けているんじゃないか。これは政治的な問題ではない。単に自分の国を愛しているのか?という気持ちをくらべると、日本は韓国より劣ってるんじゃないか、という気持ちにさせられた。

政治といえば、日本に帰った時、国会中継をよく見る。見ていると、話がまったく進まない。「まぁ~、進まない」という感じで「一体誰が進めるの?」そう思って見ていた。リーダーがいない。そろそろオレたちの世代が、本物が評価される時代をちゃんと作り出すべきだと思う。本物の定義・哲学を若い人たちがそれぞれ持っていないといけないと思う。本物を選ぶその物差しを、ちゃんと形成していかなければいけないんじゃないか。

オレがいう本物とは政治家のことであったりする。彼らは税金から給料を得ているわけだし、本物であるべきだと思う。

日本でのヒーローはアイドルやバラエティー番組のタレントという形になっているけど、そういうアイドル文化は日本、厳密にいうとアジア圏内くらい。オレがいいたいのは、日本では日本の政治家こそがスターであるべきだってこと。別にアイドルやタレントを悪くいうつもりはない。彼、彼女たちは、それぞれの立場で一生懸命頑張っている。最大の問題は支持する側にあると思う。イベントなどでワイワイ、キャーキャーと楽しむのは構わないけど、そうやって楽しい空気を亨受できる平和というものをはき違えてはいけない。

今のこの状態は「平和」というより「平和ぼけ」なんじゃないか、と思う。オレの価値観では、平和というものは自分たちの手でつかみ取るもの。本物とは何かということに対してもっと真剣に考え、議論する必要があるんじゃないか。

本物について、海外でこんな経験をした。海外では1度応援し始めた人を、最後までしっかり応援する文化がある。サッカーでも同じ。いい時はまつりあげて、少しでもだめになったら捨てるように扱うのは日本だけ。オランダで、あるチームに実績十分のベテラン選手がいた。ただ、その選手は開幕からしばらくパフォーマンスが物足りなかった。日本だったら「あの選手は終わった」と言われたりする。でもオランダの監督やコーチたちの声は違った。その時、聞こえてきたのは「いい選手であることに疑いははない」という言葉。すごく冷静な分析だったと思う。マスコミも「技術のある選手が明日(技術が)なくなることはない」と伝えていた。サッカーの本質を突いていると思った。マスコミも、監督や選手も「あの選手がどれだけ貢献してきたか忘れたのか?」という論調。これこそ、本物だと思った。

日本は芸能人であったり影響力のある人でも 、政治家でなければ、政治のことをしゃべるとたたかれる。「なんで?」と思う。オレが政治についてしゃべったら「本田、スポーツ選手のくせに政治を語るな」 と、たたかれるはず。多分、世の中の大多数がそう思うはず。でも、そうではないんじゃないか。オレも日本国民。政治のことを語る資格があるはず。日本をこうしたい、と思うことをしゃべる。それが真剣な発言だったら、足を引っ張るんじゃなく、議論する環境をみんなで前を向いて作っていくべきなんじゃないか。

今は、何でもネガティブにとらえ、悪いところをクローズアップしてしまう。これは日本の悪いところだと思う。もっと素直にならないといけないし、もっと謙虚にならないといけないと思う。

もちろんオレはサッカー選手。サッカー選手としてピッチの上で結果を出す、それが今の自分に求められていること。そこはもう最低条件だと感じている。結果を出さないと意味がない世界で生きている。何を言おうと、オレが試合に勝たないと、オレが点を取らないと、オレがゴールに絡まないと、はっきり言って説得力はなくなる。 ただ、オレはまったく結果が出ていない時から、まわりにこう思う、と言い続けてきた。中学の時から「W杯で優勝する」と言っていた。その姿勢を変えたことは1度もない。今後もし結果が出なくても、W杯にケガをして出られなくても、オレは言 い続ける。これがオレだから。「何を本田、エラそうに」と批判されても、構わない。そうやって生きてきた。それが本質だと思っている。誰にでも意見を言う権利があるということを、伝えておきたい。 「サッカー選手で、日本代表の本田だから言える」のではない。オレたちの世代も、みんなどんどん意見を言ってほしい。そして、みんなが聞く耳を持ってほしい。オレは今、そう言いたい。



これが本田選手が日刊スポーツに掲載された全文。
ここから朝鮮人たちにより都合のいい抜粋(=捏造工作)が行われ少し話題に、、、

まー、そうじゃないのでは?と感じる部分もあるわけ(竹島の件、愛国心の強さに対しての勝ち負け)ですが、その他の部分に関しては概ね理解できます、、、というか「いいこと言ってるやん!!」という感じ。きっと彼自身、海外に移籍して日本とは違う刑事・経済・文化に触れ逆に日本の良いとこ、悪いとこが見えているんだと思います。それにしても彼はブレないな、、、ここらへんは本当に凄いと思います。

拍手[21回]

PR
あ!私は別にネトウヨじゃありませんょ、、、
ですけど、一応サッカーに関する派生話題でもあるので、、、

----------
韓国の国会が日本の旭日旗応援の動きに対する政府の積極的な対応を求める決議案を発議した。

民主統合党の安敏錫(アン・ミンソク)議員は29日、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会政論館で、日本の旭日旗使用と搬入禁止のための対応を要求する決議案の発議について記者会見を開いた。 この席で安議員は「第2次世界大戦当時に日本軍が使用した旭日旗は、独ナチスの文様(ハーケンクロイツ)に例えられる帝国主義と軍国主義の象徴」とし「2000万人以上のアジア人の命を奪った旭日旗を連想させる柄の衣装を着て表彰式に出てくるなど厚顔無恥な姿勢を変えていない。 政府が競技場内の日本の旭日旗使用および搬入を禁止し、国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)に積極的に抗議するべきだ」と強調した。

これと関連し、安議員ら国会議員68人は、日本の旭日旗応援禁止のための対応を求める決議案を発議した。 決議案には、政府がIOCとFIFAに対して丁重にこれを抗議し、今後、使用禁止のための積極的な外交努力とともに、IOCとFIFAが日本の旭日旗使用および搬入禁止を決定するよう働きかけることを求める内容が含まれている。

----------

現在、自国の代表がどういう状況なのか全く理解出来ていないみたい、、、

「旭日旗をふって何が悪い?」

もうね、あちらさんは何をしたいんでしょう?
今まで旭日旗なんて「大量ゴール頼むでー!!」てな感じでずうううっとふられてきていますし、これからもふられると思います。

IOCにしてもFIFAにしても、、、というか世界中のどこを探してもあちらさん以外は何も問題ないんじゃね?っていうスタンスでしょう(多分、意識すらしていないと思います)。それを毎度の論点すり替えで"政治的行動"に出ようとするんだから、、、呆!!。ま、FIFA、IOCの処分裁定まであと半月ほどか?そこまでは日本に対し矛先は向くでしょうけど、いったん処分が出ると今度は先の2連盟に対象が向くでしょう。2連盟は今後大変だな、、、なんせあちらさんは粘着質だから、、、汗!!。

拍手[11回]

「ブツブツブツ、、、」

雨が降っています、ここ兵庫は、、、
天気悪いなー、鬱陶しいなー

「はぁ--------」

あ!男子サッカー3位決定戦ですがうまく書けない。
取りあえず結果もさることながら内容もね、、、汗!!。

有終の美を飾る試合でこの内容はないでしょ、、、

拍手[3回]

吉田やっぱり吉田兄貴は強かった。
決勝戦も自身を徹底的に研究されてきた相手だったにも関わらず、、、

「兄貴、おめでとう、そしてありがとう、、、」
さて、レスリングのお話はこのあたりにして、なでしこサッカーに移りたいと思います。

「惜敗、、、」
ぐうううー。審判が違えばまた違った結果になったのかなーとも思うんですが、この世界は"たられば"ご法度な世界でありこの結果を受け入れなければいけないのかな―とも思うんですが、なでしこ目線で見るとやはりアメリカ選手のハンドと抱え込みに対しては悔いが残ります。ですけど選手達自身はそれほど気にしていないようですし諦めるべきなんでしょうね。これがクラブとかなら対戦相手&サポから後世までgdgdと、、、。日頃バルサを応援しているとこういう事はアンチさん達から、、、汗!!。

これはなでしこ先発

、、、決勝の感想。

「なでしこ、今大会のベストベーム、、、!!」

この決勝の相手はご存じの通り先に行われたワールドカップファイナルでも対戦した相手=アメリカ。
あの試合では常に先手を取られる内容で敗戦濃厚の場面を澤選手がCKからのヒールゴラッソで決めPK戦へ持ち込み最終的には制しました。で、今のなでしこフィーバーに繋がるわけですが、今回の試合に関しては選手も満足しているんじゃないのかなーと勝手に思ったりしています。少なくとも私は満足でした、、、

えっともちろん結果は前回と違いますよ、でも内容は明らかに違っていて自分たちがしたいプレーというものをあの強豪であるアメリカ代表に対して実践していたように思えます、、、。それは丁寧なパスまわしであったり相手の急所(ウィークポイント)を攻略するプレー。

この試合で相手のボランチは堅固でしたがそれは中央部分に特化していました。なのでなでしこはその外側を丹念につこうとしていましたし実際その局地戦では優位にたっていたと思います。なのでそこから攻撃のアプローチを開始する事が出来ていました。これはW杯じゃ決して見れなかったプレーであり彼女達自身が進歩した証拠なんじゃないかなーと思いますね。だって相手はあのアメリカ代表です。フィジカルが強く前への推進力が半端ない相手に"らしい"試合を見せることが出来た、、、うーんマジで前途は明るいなーと感じましたね。

っとここまでは少しヨイショな感想を書きましたが気になるとこも少しだけ、、、
やはりプレーの精度=質と速さは上げるべきかなーと。これまでの女子サッカーはブラジルのマルタ選手のようなひとりでできるもん、、、みたいな選手を例外として相対的にフィジカル重視なサッカーを展開をしてきました。それに対抗してなでしこの攻撃はスキル(技術)要素を重視してきたわけですが、相手もただ立ち止まっているばかりじゃなくプレスの寄せも以前に比べ速くなってきています。じゃあどうするか、、、

「動作スキルを今以上に速くする事、、、」

もうね、狭いスペースでも正確に速いボールを蹴るようにするしかありません。
速くボールを蹴るようにする事。またそのためのフィジカルをバランスよく強化する事も必要でしょう。
って考えると賢くならなくちゃいけなくもなります。ま、男子サッカーでも筋肉バカを好むフィジカル重視なところ(代表、クラブ)ありますけど、、、。でも、そこがレベルアップしたらきっと今以上に魅せることも出来るでしょうし結果も出ると思います。なので是非ともお願いしたいなーと、、、。

あ!あとメンバーのこともあるか。澤選手(あと丸山選手もそうかな?)あたりは代表を引退する方向とのことですし、ノリオ、、、じゃなく佐々木監督も勇退かな?ここからまた新しい"章"が始まるようですしフレッシュなメンバーに期待したいと思います。んールックスじゃなく実力をね、、、。

、、、長くなった。

最後に書いておきましょう、、、

「女子五輪サッカー初のメダル獲得オメー!!!!!!」

拍手[11回]

この試合も病室から観戦。
看護師さんへお願いし観戦許可を貰いました。これがアジアカップとかワールドカップ予選なら許可出ないと思うのですが、、、汗!!

「んー五輪サマサマです、、、」

さて、試合結果はご存じの通り日本代表がメキシコに3得点され敗戦。
前半及び後半10分ほどまではそれほど流れは悪くなかったように感じました。特に先制点の徳永→東→大津のゴールシーンは今大会、日本代表があげたゴールの中でも最も美しいものでありまさしく"ゴラッソ"と呼べるものだったと思今ます。

、、、が先にも書いたように後半10分過ぎからは完全にメキシコペース、、、汗!!
GK権田のバルサVVも驚きの不用意なプレーした事もさることながら、前線からのプレスが全くかからない(永井選手不調)、ボランチも機能しない状況に落ちいるともう打つ手なしという状況でしょうか。ま、今大会は前線からのハイプレス=守備の安定感が生命線である以上、そこが機能しなくなった時点で流れが相手へ流れてしまうのはしょうがなかったのかも、、、と思ったり。あと清武を外した段階で攻撃への打つ手が消えたような感じもしました。宇佐美選手、、、ん--------汗汗汗!!!。彼はもしかしたら今後代表に呼ばれる事もないかも。

それにしてもこの試合のメキシコ代表は本当に凄かった。
日本代表のお株を奪うようなハイプレスをし、またプレー(判断)スピードも抜群に速かった。
こういう表現がいいのかどうかは分かりませんが個人的には、、、

『完敗』
だったような気がします。

でね、思ったんですよ。
当面、目指すべきサッカーはこういう感じなんだろうなーと。スペインとかバルサっていうのもいいんでしょうけど(プレミアとかイングランド代表は間違っても駄目なのはご存じの通りですが)ちょこっとプレースキルが違い過ぎるので、、、。というか一時期メキシコのようなサッカーを目指すべきだという意見が識者の中にもあったはず。これを機会にもう一度目指してもいいんじゃないかなーと思いますね、、、。取りあえず親善試合はアジア、中東を外し中南米あたりでいいかも、、、と勝手に思ったりしています。

最後に、、、

銅メダルをかけた試合はアジアの最大の、、、じゃないな、ここ最近じゃ2番手の韓国(現在の最大のライバルはオーストラリア)。ブラジル戦をちょこっと見た限りじゃ準決勝は途中で放棄していたように思います。ま、普通でやれば勝てるとは思いますが相手はテコンドーの使い手。気を抜いたら壊されますので気を抜かずに勝利を目指して欲しいと思います、、、。アゲアゲ内容用意してまったるぞぉー♪☆

え?決勝?
ブラジルもいいけど、ここはメヒコを応援っす。

拍手[4回]

ベスト4、、、

サッカー男女五輪代表が共にベスト4進出を決めました。
女子は4年前の大会以来、男子は釜本氏が活躍したメキシコ五輪以来44年ぶりの快挙となります。

で少し余談、、、男子サッカー五輪サッカー(本大会)で"4"のつく日はこれまでの日本サッカー史上一度も負けていないそうです。で今回のエジプト戦も勝利。4の不敗神話は取りあえず4年後まで続くことになりました。

さて、、、

8月4日には故 松田直樹"選手"の一周忌。

マイアミの奇跡と謳われたあの試合のメンバーだった彼が一年前、天国に旅立った日からちょうど一年後の同じ日、Jリーグ(一部の選手は海外クラブ)の後輩達が長らく関門とされていたベスト8の壁を破り見事な勇姿をみせてくれました。それも彼が付けていた背番号と同じ数字の得点で、、、

「まじ嬉しぃ、、、」

そして若者達の躍動を誇らしく感じました、本当にね、、、

えっと次の対戦相手はメキシコ、、、
んー何か因縁めいていますが残り2試合も全員サッカーをみせて欲しいと思います。で吉田選手の「~勝てば歴史を作れると思う」という言葉を信じていますし
期待しています。

「頑張れニッポン!!!!!」

拍手[8回]

スポーツの祭典ならぬ、ナショナリズムの祭典であるオリンピックですからもちろん日本選手団を一押し。ま、サッカーではバルサメンバーも召集されているスペインを次点として応援でしたが、、、。

GL2試合終了した結果が以下の通り。

_ 勝点 勝 負 引 得失
----------
1) JPN  6 2 0 0 +2
2) HON  4 1 0 1 +1
3) MAR 1 0 1 1 -1 
4) ESP 0 0 2 0 -2
----------

『戦術=永井』

初戦をまさかの1試合まるごとハイプレスで制した日本代表ですが、モロッコとの試合では少し様相が違いました。でもOA枠で出場している吉田を筆頭に相変わらず守備ブロックは堅守を守り通します。そして後半39分、清武からの浮き球フィードをを相手GKより先に追いつきループシュート。一瞬デ・ラ・ペーニャ→怪物ロナウドを思い出しました。そうそうあの時も"戦術=ロナウド"でしたし♪

っと、少し思い出話になりましたが残り1試合を残し決勝トーナメント進出決めたことは非常に素晴らしい事。大会前はなでしこ人気やグループ分けでスペインと対戦する事もあり注目度が低かったこともありましたが、もうそんな事は皆掌返してますもん。本当ならGL残り1試合は主力温存も考えれたのですが最終戦も決勝T対戦相手を見越しガチ勝負になるようですから怪我だけはしないよう3試合目に試合に望んでほしいと思います。でも宇佐美あたりはみたいなーと思ったり、、、

で、問題のスペイン代表。ちょいロングのダイジェストを見ましたが、、、

『ボールは友達=大空翼』
『ポストが友達=スペイン代表』

スペイン代表のボールポゼッションは非常に高くシュート数も24本でしたっけ?凄まじいものがありました。あと試合終盤に少し疑問の残る(PK与えられても不思議じゃない)プレーがあったのも事実です。

が、それ以上に先にも書いたように幾度となく訪れた好機を逸したのが敗因かな?まぁーあれだけポストに嫌われたら運がなかったとも言えなくはありませんが、とにかくチャンスをことごとく逃してしまったって事が原因でしょうね。あ!あと審判に対する態度ってのが後々に響いたのかなーって私的な意見になりますけど思いました。ムニアインとかもう主審にタックル数回かましてましたし、、、汗!!。って考えたらまだまだだアンダー世代なんだなーと思ったり。ちなみに試合のスタッツ確認したらスペイン代表のイエロー7枚、ホンジュラスも6枚の計13枚、、、

「主審、イエロー出し過ぎ!!」

----------
おまけ、、、

試合後、ホンジュラスの選手達&サポーターが国旗を手に笑顔を振りまいていた映像が物凄く印象的でした。えっと一番最初に書いてますよね、ナショナリズムの祭典、、、

『元スペイン植民地』

拍手[4回]

病院にいるのでライブで見ることは出来ませんがダイジェスト等で見ることは出来ます。
ということで久しぶりに日記なんぞを。

「暇やねん...汗!!!」
まずは某大型掲示板よりちょこっと拝借。

----------
名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/07/27(金) 07:47:28.06 ID×××××
■世界の反応■

▽FIFA  「侍が無敵艦隊を破る」

▽ツイッター ダウン

▽スペイン テレビ局が試合終了の笛と同時に放送打ち切り

▽スペイン 解説者 「日本の最前線はNINJA」

▽イタリア 日本のFWはシュート打たないほうがいい ドリブルのまま枠に入れ

▽アメリカ 日本のFWは100mの陸上選手なのか? 

▽ブラジル サムライの血はやはり負けず嫌いだ←意訳

▽フランス 日本にはキャップテン翼が3人はいた

▽ドイツ だから香川を手放すなと言ったのに、日本スペインに勝利

▽トルコ Samurai Magic NINJA!←侍は妖術忍者

▽イギリス 日英同盟を締結した先人は偉大だ

▽日本 渋谷 祭り

▽台湾 台北で爆竹

▽ロシア 日本艦隊がスペイン無敵艦隊を撃破

▽韓国 日本が勝てたのは韓国人のおかげ

---------- 
まーあの掲示板らしく最後はオチがあったりもするんですけど、あのブラジルを破ったマイアミの奇跡になぞらえ、"グラスゴーの奇跡"という見出しを付けているとこもあるようで。確かにスペインのメンバー表を見たら応援するバルサのメンバーもいるしCL、EURO2012を制したメンバーもいるわけでこりゃキツイなーというのが試合前の率直な予想でした。で結果は1-0勝利。

「グッジョブ!!!!!!」

確かに決定力があればもう2,3点取れていたとも思うのですが、スペインA代表(バルサ)のように前線からあれだけプレスをかけりゃめちゃ疲れるだろうし...とフォローしてあげたい気分。とにかく下馬評を覆しての勝ち点3は非常に喜ばしい事です。途中交代した選手たちも大事には至らなかったようですし、とにかく予選の残り2試合も頑張ってほしいと思いますね...。

最後に...

「ライブで観たい...!!」

拍手[12回]

やっぱりKAZUはKINGだった。
私は被災地に住んでいるわけじゃないし、身内にもこの地域に住んでいるわかじゃありません。強いて言えばサイト常連さんとその家族くらいしかかなと...。でもこのチャリティーマッチを観て良かったと思いました。

もちろん人それぞれ感じ方は違うだろうし賛否両論(ゴール後のパフォーマンスを含めて)もあると思います。
でも、少なくとも私は元気をもらった...。

「さあ、元気に過すぞ!!」



拍手[21回]

中居君が空気を読むかどうか?
普通に「駒野ぉー何で外しちゃったんだよぉー」とか言いそう。
というかきっと本田枠だったんだろうなー。出演拒否されて次善の策ぽい・・・

SMAP×SMAP SP(仮)
▽緊急放送!日本代表駒野選手がSMAPにすべての思いを告白!!

拍手[6回]

Dragonが運営しているWCCFサイト
「FOOTBALL CHAMP」
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール…
HN:Dragon
性別:男性
職業:サイト管理人
趣味:WCCF&サッカー観戦
自己紹介:WCCF & Barcelonaを愛するサッカー好きな♂です♪

管理人のBOOKMARK
Barca FCバルセロナ
Barca BlauGrana
Barca Leo Messi-BLOG
Barca Puyol-HP
Barca Iniesta-HP
WCCF WCCF IC09-10
WCCF 渋谷系猫風呂具
GAME 電撃ACG
GAME GAME JAPAN
GAME ARCADIA
雑誌 WS DIGEST
雑誌 WS KING
情報 Goal.com
情報 Sports Navi
情報 livedoor Sports
情報 FootballWeekly
新聞 日刊スポーツ
新聞 サンケイスポーツ
新聞 デイリースポーツ
新聞 スポニチ
新聞 SPORT.es
新聞 MundoDeportivo.es
新聞 MARCA.com
コラム Number web
コラム World Soccer Plus
コラム 金子達仁
コラム 西部謙司
コラム 戸塚啓
コラム 山内雄司
コラム セルジオ越後
コラム 原博実
コラム 川淵三郎
Blog 小澤一郎
Blog 岩本義弘
携帯端末へURLを送る

Template by 小龍的徒話
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]